ニュースウォッチ2ちゃんねる -nw2-

新着記事
comment(-)
--/--/--(--) --:-- | カテゴリスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1
2014/03/05(水) 19:36 | カテゴリネタ
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:51:26.95 wEvua04r0

エロスは激怒した(性的な意味で)

必ず、かの女子混浴の風呂を覗かねばならぬと決意した。


激アツ記事!!
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:51:45.23 63XanqGU0
ワロタ~よワロタ


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:52:30.38 1wtDgkyl0
トンネルを抜けると、そこは雪国だった(性的な意味で)


4:以下、名無しにかわりましてチェロ弾きのゴーシュがお送りします:2014/03/02(日) 15:53:40.26 c2HljLtn0
しかしエロスには政治がわからぬ


なぜ女子風呂に入ってはいけないのかがわからなかった


エロスは決意した


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:53:51.12 bRXwY9TRP
恥の多い障害を持って生きてきました。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:54:32.02 N7o/8WDH0
老婆は、ひどく赤面した。


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:55:15.35 MQDaRZQmO
我が輩は猫である(性的な意味で


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:56:37.41 ZJdejRmM0
我が輩はニートである。
仕事はまだ無い。
どこで間違えたのか頓と見當がつかぬ。


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:57:48.73 6QUPKrOd0
エロスは激怒した(下半身が)


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 15:58:14.75 wEvua04r0
エロスは女性器がわからぬ。
エロスは家の防人である。JSの笛を吹き、妹(妄想)と遊んで暮らして来た。
けれども、世間の目に対しては、人一倍敏感だった。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:02:44.13 fx+o1qQx0
エロスはセンズリィテコキとホモ関係


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:04:55.17 6RzUb1a40
ヤンデレディオニス


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:04:55.72 wEvua04r0
きょう未明エロスは村(ホーム画面)を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此のシラクスの市(ネトゲの街)にやって来た。
エロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹(妄想)と二人暮しだ。


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:08:19.38 wEvua04r0
この妹は、村のある律儀な一牧人(エロスの半値)を、近々、花婿として迎える事になっていた。結婚式も間近なのである。
エロスは、それゆえ、花嫁の衣装やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:11:50.45 RG9MAfLt0
混浴なら覗かないで入ればいいだろ


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:13:00.88 wEvua04r0
先ず、その品々を買い集め、それから都の大路をぶらぶら歩いた。
エロスには竹馬の友(ネット上)があった。†セリヌンティウス†である。
今は此のシクラスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:16:29.56 wEvua04r0
久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。
歩いてるうちにエロスは、まちの様子を怪しく思った。ひっそりしている。
もう既に日も落ちて、まちの暗いのは当り前だが、けれども、なんだか、夜のせいばかりでは無く、市全体が、やけに寂しい。
のんきなエロスも、だんだん不安になってきた。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:19:26.95 wEvua04r0
路で逢った若い衆(新参)をつかまえて、何かあったのか、二年前に此の市に来たとき(エロスはの設定)は、夜でも皆が歌をうたって(煽りあい)、まちは賑やかであった筈だが、と質問した。
若い衆は、首を振って(NG登録)答えなかった。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:22:09.68 wEvua04r0
しばらく歩いて老爺(古参)に逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。老爺は答えなかった。
エロスは両手で老爺のからだをまさぐって質問を重ねた。
老爺は、あたりをはばかる低音で、わずかに悶えた。


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:31:04.06 wEvua04r0
「混浴は、人を殺します(性的な意味で)」
「なぜ殺すのだ。」
「悪心を抱いている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ(嘘)。」
「たくさんの人を殺したのか。」
「はい、はじめは(風呂屋の)王さまの妹婿さま(ネット上)を。それから御自身のお世嗣(ネット上)を。それから、妹さま(ネット上)を。それから、妹さまの御子さま(ネット上)を。それから、皇后さま(ネット上の嫁)を。それから、賢臣のアキ☆レス様を。」
「おどろいた、(風呂屋)国王は乱心か。」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:34:18.37 wEvua04r0
「いいえ、乱心ではございませぬ。人を、信ずる事ができぬ、というのです。このごろは、臣下の心をも、お疑いになり、少しく派手な暮らしをしている者には、人質ひとりずつ差し出すことを命じております。
御命令を拒めば三角木馬に乗せられて、殺されます。きょうは、六人殺されました。」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:38:20.60 wEvua04r0
聞いて、エロスは激怒した(性的な意味で)。
「呆れた王だ。イカして置けぬ。」
エロスは、単純な男であった。
買い物を、背負ったままで、のそのそと王城(風呂屋)に入って行った。たちまち彼は、巡邏の警吏に緊縛された。
(身体中を)調べられて、エロスの股間からは短剣が出て来たので、騒ぎが大きくなってしまった。
エロスは、王の前に引き出された。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:39:08.72 c4QFgPNJ0
エロスは怒張した


って


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:40:58.33 wEvua04r0
「この短剣(笑)でナニをするつもりであったか。言え!」(股間が)暴君ディオニスは静かに、けれども威厳を以って問いつめた。その王の顔は蒼白で、眉間の皺は、刻み込まれたように深かった。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:45:21.55 wEvua04r0
「市を(股間の)暴君の手から救うのだ。」とエロスは悪びれずに答えた。
「おまえ(粗チン)がか?」王は憫笑した。
「仕方のないやつじゃ。おまえには、わし(ヤリチン)の孤独がわからぬ。」
「言うな!」とエロスは、(股間が)いきり立って、反駁した。
「人の心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳だ(ドヤ顔)。王は、民(客)の忠誠をさえ疑って居られる。」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:49:50.79 wEvua04r0
「疑うのが、正当の心構えなのだと、わしに教えてくれたのは、お前たちだ。人の心は、あてにならない。人間は、もともと性欲のかたまりさ。信じては、ならぬ。」
暴君は落ち着いて呟きわほっとため息をついた。「わしだって、平和(混浴の秩序)を望んでいるのだが。」
「なんの為の平和だ。自分の地位を守る為か。」今度はエロスが嘲笑した。
「罪の無い人を殺して(性的に)、何が平和だ。」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:51:37.49 WwTSXBab0
ワロタ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:52:33.71 wEvua04r0
「だまれ、下賤の者(童貞)。」王は、さっと顔を挙げて報いた。
「口ではどんな清らかなことでも言える。わしにはわ人の腹綿の奥底が見え透いてならぬ。おまえだって、いまにわ三角木馬に乗ってから、鳴いて詫びたって聞かぬぞ。」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:56:36.74 wEvua04r0
「ああ、王は利口だ。自惚れているがよい。私は、ちゃんと死ねる(性的に)覚悟でいるのに。命乞いなも決してしない。ただ、ーー」と言いかけて、
エロスは足元に視線を落し瞬時にためらい、
「ただ、私に情けをかけたいつもりなら、処刑までに三日間の日限を与えて下さい。たった一人の妹(妄想)に、亭主(自分)を持たせてやりたいのです。三日のうちに、私は村で結婚式をあげ、必ず、ここへ帰ってきます。」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 16:58:15.73 WwTSXBab0
クズ杉ワロタ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:01:56.00 wEvua04r0
「ばかな。」と暴君は、嗄れた声で低く笑った。
「とんでもない嘘を言うわい。逃がした小鳥(意味深)が、帰って来るというのか。」
「そうです。帰って来るのです。」
エロスは必死で言い張った。
「私は約束を守ります。私を、三日間だけ許してください。妹(妄想)が、私の帰りを待っているのだ。そんなに私を信じられないならば、よろしい、この市に†セリヌンティウス†という石工がいます。
私の無二の親友だ。あれを、人質としてここに置いて行こう。私が逃げてしまって、三日目の日暮まで、ここに帰ってこなかったら、あの友人を絞め殺してください。たのむ、そうして下さい。」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:08:44.46 wEvua04r0
それを聞いて王は、残虐な気持で、そっと北叟笑んだ。生意気なことを言うわいをどうせ帰ってこないに決まっている。
この嘘つきに騙された振りして、話してやるのも面白い。そうして身代りの男を、三日目に(性的に)殺してやるのも気味がいい。
人は、これだから信じられぬと、わしら悲しい顔をして、その身代りの男を三角木馬の刑に処してやるのだ。
世の中の、正直者とかいう奴輩にうんと(行為を)見せつけてやりたいものさ。


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:12:31.02 wEvua04r0
「願いを、聞いた。その身代りを呼ぶがよい。三日目には日没までに帰って来い。遅れたら、その身代りを、きっと殺すぞ(性的な意味で)。ちょっと遅れて来るがいい。お前の罪は、永遠にゆるしてやろうぞ。」
「なに、何をおっしゃる。」
「はは。いのち(尻の穴)が大事だったら、おくれて来い。お前の心は、わかっているぞ。」
エロスは口惜しく、地団駄を踏んだ(キーボードを叩いた)。ものも言いたくなくなった。


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:17:41.09 wEvua04r0
竹馬の友(ネット上)、†セリヌンティウス†は、深夜、王城(風呂屋)に召された。(股間が)暴君ディオニスの面前で、佳き友と佳き友は、二年ぶり(エロスの設定)で相逢うた。
エロスは、友に一切の事情を語った。
†セリヌンティウス†は無言で首肯き、エロスをひしと抱きしめた。友と友の間は、それでよかった。
†セリヌンティウス†は、縄打たれた(緊縛)。
エロスは、すぐに出発した。初夏、満天の星である。


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:22:28.26 wEvua04r0
エロスはその夜、一睡もせず十里の路を急ぎに急いで(実際は移動用アイテム使用)、村に到着したのは、翌る日の午前(回線が繋がらなかったため)、陽は既に高く昇って、村人(NPC)たちは野に出て仕事をはじめていた。
エロスの十六の妹(妄想)も、きょうは兄の代りに羊群の番をしていた。
よろめいて歩いて来る(気のせい)兄の、疲労困憊(さらに言うが気のせい)の姿を見つけて驚いた。
そうして、うるさく兄に質問を浴びせた。


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:25:02.86 wEvua04r0
「なんでも無い。」キリッ
エロスは無理に笑おうと努めた。
「市に用事を残して来た。またすぐに市に行かなければならぬ。あす、おまえの結婚式を挙げる。早い方がよかろう。」
妹(妄想)は頬をあからめた。
「うれしいか、綺麗な衣装も買って来た。さあ、これから行って、村の人たちに知らせてこい。結婚式は、あすだと。」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:33:28.47 wEvua04r0
エロスは、また、よろよろ(ryと歩き出し、家(ネット上)へ帰って神々の祭壇(笑)を飾り、祝宴の席を調え、間もなく床に倒れ伏し、呼吸もせぬくらいの深い眠りに落ちてしまった。
眼が覚めたのは夜だった。エロスは起きてすぐ、花婿の家を訪れた(内なる自分の心に問い掛けた)。
そうして、少し事情があるから、結婚式は明日にしてくれ、と頼んだ。
婿の牧人(自分)は驚き、それはいけない、こちらには未だ何の支度も出来ていない、葡萄の季節まで待ってくれ、と答えた。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:36:15.35 wEvua04r0
エロスは、待つことは出来ぬ、どうか明日にしてくれ給え、と更に押してたのんだ。婿の牧人(自分)も頑強であった。なかなか承諾してくれない。
夜明けまで(自分との)議論を続けて、やっと、どうにか婿をなだめ、すかして、説き伏せた。


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:40:27.39 wEvua04r0
結婚式は、真昼に行われた。
新郎新婦の、神々への宣誓(自演)が済んだころ、黒雲が空を覆い、ぽつりぽつり雨が降り出し、やがて車軸を流すような大雨となった。
祝宴に列席していた村人(NPC)たちは、何か不吉なものを感じたが(?)、それでも、めいめい気持ちを引きたて、狭い家の中で、むんむん蒸し暑いのも怺え、陽気に歌をうたい、手を打った(ゲーム上の演出)。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:45:17.24 wEvua04r0
エロスも、満面に喜色を湛え、しばらくは、おうとのあの約束さえ忘れていた。
祝宴は、夜に入っていよいよ乱れ華やかになり、人々は、そとのごううを全く気にしなくなった。
エロスは、一生このままここ(ネットの世界)にいたい、と思った。
この佳い人たち(NPC)と生涯暮らして行きたいと願ったが、いまは、自分のからだで、自分のものでは無い(意味深)。ままならぬ事である。
エロスは、わが身に鞭打ち(物理)、ついに出発を決意した。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:53:54.08 wEvua04r0
あすの日没までには、まだ十分の時間が在る。ちょっと一眠りして、それからすぐに出発しよう、と考えた。
その頃には、雨も小降りになっていよう。
少しでも永くこの家に愚図愚図とどまっていたかった。エロスほどの男(ニート)にも、やはり未練の情というものは在る。
今宵呆然、歓喜に酔っているらしい花嫁(妄想)に近寄り、
「おめでとう、私は疲れてしまったから、ちょっとご免こうむって眠りたい。眼が覚めたら、すぐに市に出かける。大切な用事があるのだ。私がいなくても、もうおまえには優しい亭主(自分)があるのだから、決して寂しい事はない。
お前の兄の、一番嫌いなものは、人を疑う事と、それから嘘をつく事だ。おまえも、それは、知っているね。亭主との間に、どんな秘密でも作ってはならぬ。お前に言いたいのは、それだけだ。
おまえの兄は、たぶん偉い男なのだから、お前もその誇りを持っていろ。」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 17:58:29.87 wEvua04r0
花嫁は、夢見心地で首肯いた。エロスは、それから花婿()の肩をたたいて(自分自身に語りかけて)、
「仕事のないのはお互いさまさ。私の家にも、宝といってはわ妹(妄想)と羊(アイテム)だけだ。他には、何も無い。全部あげよう。もう一つ、エロスの弟になったことを誇ってくれ(自画自賛)。」
花婿は揉み手して、照れていた。エロスは笑って村人たちにも会釈して、宴席から立ち去り、羊小屋(自室のベッド)に潜り込んで、死んだように深く眠った。


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:07:38.37 wEvua04r0
眼が覚めたのは翌る日の薄明の頃である。エロスは跳ね起き、南無三、寝過ごしたか、いや、まだまだ大丈夫、これからすぐに出発すれば、約束の刻限までには十分間に合う。
今日は是非とも、あの王に、人の信実の存するところを見せてやろう。
そうして笑って三角木馬に乗ってやる。
エロスはわ悠々と身支度をはじめた。
雨も、いくぶん小降りになっている様子である。身支度はできた。
さて、エロスは、ぶるん股間を大きく振って、雨中、矢の如く走り出た。


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:11:41.81 wEvua04r0
私は、今宵、殺される(性的な意味で)。殺されるために走るのだ。身代りの友を救う為に走るのだ。
王の奸佞邪智を打ち破る為に走るのだ。走らなければならぬ。
そうして、私は殺される。
若い時から名誉を守れ。
さらば、ふるさと。
若いメロスは、つらかった。
幾度か立ちどまりそうになった。
えい、えいと大声挙げて自信を叱りながら走った。


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:16:56.62 wEvua04r0
村を出て、のを横切り、森をくぐり抜け、隣村に着いた頃には、雨も止みや日は高く昇ってわそろそろ暑くなって来た。
エロスは額の汗をこぶしで払い、ここまで来れば大丈夫、もはや故郷への未練は無い。妹たちは、きっと佳い夫婦になるだろう。私には、いま、何の気がかりも無い筈だ。まっすぐに王城に行き着けば、それでよいのだ。
そんなに急ぐ必要も無い、ゆっくり歩こう、と持ちまえの呑気さを取り返し、好きな小歌(アニソン)を無駄にいい声で歌い出した。


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:22:26.49 HF0Yjl2k0
ワロタ(性的な意味で)


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:22:36.45 bRXwY9TRP
これは名作


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:32:44.56 wEvua04r0
それから洪水に見舞われ、山賊に襲われるなどの困難が立ちはだかったが、持ちまえの呑気さでなんとかなった。
しかし、結局は途中で心が折れてしまった。立ち上る事が出来ぬのだ。
天を仰いで、悔し泣きに泣き出した。
ああ、あ、濁流を泳ぎ切り、山賊を三人も撃ち倒し韋駄天、ここまで突破して来たエロスよ。
真の勇者、エロスよ。
今、ここで、(眼が)疲れ切って動けなくなるとは情け無い。愛する友は。お前を信じたばかりに、やがて(性的に)殺されなければならぬ。
おまえは、稀代の不信の人間、まさしく王の思う壺だぞ、と自分を叱ってみるのだが、萎えて最早芋虫ほどにも前進かなわぬ。


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:44:16.11 wEvua04r0
路傍の草原(本人は自室のベッド)ごろりと寝転がった。
身体疲労すればわ精神も共にやられる。
もう、どうでもいいという、勇者に不似合いな不貞腐れた根性が、心の隅に巣喰った。
私は、これほど努力したのだ。約束を破る心は、みじんも無かった。
神も照覧、私は精一杯に努めて来たのだ。動けなくなるまで走って来たのだ。私は不信の徒では無い。
ああ、出来る事なら私の胸をたち割って、真紅の心臓をお目に掛けたい。愛と信実の血液だけで動いているこの心臓を見せてやりたい。
けれども私は、この大事な時にわ精も根も尽きたのだ。
私はよくよく不幸な男だ。私は、きっと笑われる。私の一家(妄想)も笑われる。私は友を欺いた。途中かで倒れるのは、はじめから何もしないのと同じ事だ。
ああ、もう、どうでもいい。


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 18:52:58.77 wEvua04r0
これが、わたしの定った運命なのかもしれない。†セリヌンティウス†よ、許してくれ。
君は、いつでも私を信じた。私も君を、欺かなかった。
私たちは、本当に佳い友と友であったのだ。
一度だって、暗い疑惑の雲を、お互い胸に宿したことは無かった。
今だって、君は私を無心に待っているだろう。ああ、待っているだろう。
ありがとう、†セリヌンティウス†。よくも私を信じてくれた。それを思えば、たまらない。
友と友の間の信実は、この世で一番誇るべき宝なのだからな。
†セリヌンティウス†、私は走ったのだ。君を欺くつもりは、みじんも無かった。
信じてくれ!私は急ぎに急いでここまで来たのだ。
濁流を突破した。山賊の囲みからも、するりと抜けて一気に峠を駆け下りてきたのだ。私だからできたのだよ。
ああ、この上、私に望み給うな。放って置いてくれ。どうでも、いいのだ。私は分けたのだ。だらしが無い。笑ってくれ。
王は私に、ちょっと遅れて来い、と耳打ちした。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/03/02(日) 19:00:17.17 wEvua04r0
おくれたら、身代りを(性的に)殺して、私を助けてくれると約束した。
私は王の卑劣を憎んだ。けれども、今になってみると、私は王の言うままになっている。私は、遅れて行くだろう。
王は、一人合点して私を笑い、そうして事もなく私を放免するだろう。
そうなったら、私は、死ぬより辛い。私は永遠に裏切り者だ。
地上で最も、不名誉の人種だ。
それがどうした、私は何をしても私だ!
私の人生なのだから、どうしようと私の勝手だろう。
エロスはそう考えるようにし、泥のように眠った。


 関連:【速報】ワイメロス、友の死刑中止のため城へ爆走中




--
http://hayabusa.2ch.net/news4vip/kako/1393/13937/1393743086.html
「ネタ」カテゴリの最新記事
他にこんな記事も見てます
Powered By 画RSS

人気ページランキング
コメント

    つまり「人間失格」かwww




♂ぷろふ♀

やる奈



∋*ノノノ ヽ*∈
 川´・ω・`川 <やる奈

yarunan@gmail.com

skype:yarunan お気軽にどうぞ

follow us in feedly

最新記事
カテゴリー
逆アクセスランキング

アクセスランキング

リンク
BUZZランキング

copyright © ニュースウォッチ2ちゃんねる -nw2- all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。